전체기사보기
政治その他 ㅣ 芸能 ㅣ 文化 ㅣ Sports ㅣ グラビア ㅣ コラム ㅣ コラム2 ㅣ 映画 ㅣ インタビュー
섹션이미지
政治その他
芸能
文化
Sports
グラビア
コラム
コラム2
映画
インタビュー
회사소개
회원약관
개인정보취급방침
광고/제휴 안내
사업제휴 안내
소액투자
기사제보
HOME > 日本語版 > コラム2
글자 크게 글자 작게


まだまだ知られていないキャバクラユニオン
 
渋井哲也
 「今日、遅刻しちゃったんですよ。時間も遅かったし、罰金3万円ですよ。今夜はただ働きみたいなもんです」

 年末の新宿・歌舞伎町。知り合いの客引きに連れられていったそのキャバクラ。友人たちと一緒に入り、フリー(指名がないこと)で楽しんでいると、あるキャバクラ嬢(20代前半)がそう口にしました。

 たしかに、遅刻するのは、本人が悪いでしょう。しかし、その「悪さ」につけ込み、「悪さ」以上の罰を加えてよいはずがありません。

 昨年12月、キャバクラユニオン(桜井凛=仮名)が結成されたニュースは日本中を駆け巡った。違法な罰金、賃金未払いなどに対抗するために結成された労働組合で、キャバクラ嬢が声を上げたケースは日本では初めて、とも言われている。

 しかし、キャバクラの労働環境は景気悪化を受けたこともあり、改善されることはない。このニュースを聞き付けた母親から電話があったというキャバクラ嬢(21)は、

 「店との関係を悪化させたくない。だから、組合に入るとかは考えない」

 と話す。それよりも、必要経費を計算して、確定申告をして、払いすぎた税金を取り戻すことのほうがいいと考えている。そうすれば、お金も戻ってくるし、店との関係も悪化しないと思っているようです。

 キャバクラユニオンは結成後、厚生労働省内の厚生労働記者クラブで記者会見をしました。出席していた記者のほとんどが男性だったこともあり、そこでちょっと個人的に思ったことがあります。

 「仕事や遊びなどでキャバクラに行く男性も多いはず。会見で、キャバクラ嬢が違法な労働環境にあることを全く知らない前提で質問をしいたけれど、遊んでいるキャバ嬢から、労働環境の話とか聞いて、知っているんじゃないのか?よく、知らない前提で聞けるな・・・」

 そう思ったのです。

▲ 호스티스 노조는 설립후 후생노동성 기자 클럽에서 회견을 열었다. 대표 사쿠라이 린 씨(가명)에게 질문에 쇄도하고 있다.  ©jpnews


 でも、日本的マスコミは自身の経験や思いを入れるような“主観報道”をせず、常に、第三者が体験をし、意見をしている“客観報道”に徹しているのです。だから、記者個人が、いくら見聞きしても、会見では知らない前提で聞いてしまうのは仕方がないのでしょう。

 会見に同席した、フリーター全般労組の布施えりこ子共同代表は、「どんな相談が多いのか?」との質問に、

 「どの店もフルコース。違法な罰金は全店舗にある。最後の一ヶ月とかは、未払いも当たり前になっている。払いとしても、最低賃金分を計算して払っていたりする。それが常識になっている。

 セクハラに関しては、相談は少ないです。ネットでも書かれたが、『キャバクラ嬢はセクハラされて当たり前の職業』と。本人たちもそう思っていたりする。話を聞く中で、セクハラということがわかってくる。

 ほぼ確実にあるのが、求人広告にある時給。それが支払われない。彼女たちもそれが常識になっている。店側も問題に思っていない」

 キャバクラ嬢たちは、一般のアルバイト以上に、労働者意識を持っていないようです。私も接していてそう感じます。だからこそ、会見で私は、代表の桜井さんに、労働環境が悪いことが当たり前と思っているキャバクラ嬢に何か伝えたいことはあるか?と聞きました。

 「当たり前と思わないでほしい。誰かに相談することで、間違っていることに気がつく。自分だけではわからない。友人でもいいので、相談してほしい。外から自分の状況を見ることは大切です」

 私も思うのです。それに、待遇がよい、あるいは労働環境がよいキャバクラは、キャバクラ嬢の接待の質もよいと。だから、客の立場からも労働環境の改善はしてほしいです。

▲ 호스티스 노조 사무소가 있는 프릐터 전반 노조 내. 회의중인 후세 에리코 공동대표와 호스티스 노조 서포터    ©시부이 테츠야 


 インターネットでは、「キャバクラなんて、(違法状態があるようなところと)そう思って働いているんでしょ」などと、職業的な批判が多くあります。しかし、キャバクラ嬢も一人の人間です。人間としての尊厳を得られるようにしてほしいです。

 まだまだキャバクラユニオンは知られていません。新しく知り合ったキャバクラ嬢も、そんなニュースを見ていないのです。ただ、twitterで知り合ったキャバクラ嬢は、「ぜひ入りたい」とつぶやいていました。もっと知られるようになり、働きやすい職場になってほしい。

 

ⓒ 일본이 보인다! 일본전문뉴스 JPNews / 무단전재 및 재배포금지

기사입력: 2010/02/03 [22:24]  최종편집: ⓒ jpnews_co_kr
 


선거 동안 정당후보자에 대한 지지 또는 반대의 글을 게시하고자 할 경우에는 '실명인증' 후 게시물을 등록하셔야 합니다. 실명확인이 되지 않은 선거관련 지지 혹은 반대 게시물은 선관위의 요청 또는 관리자의 판단에 의해 임의로 삭제될 수 있습니다.
※ 본 실명확인 서비스는 선거운동기간(2017.04.17~2017.05.08)에만 제공됩니다.
일반 의견은 실명 인증을 하지 않아도 됩니다.

닉네임 패스워드 도배방지
제목  
내용
기사 내용과 관련이 없는 글, 욕설을 사용하는 등 타인의 명예를 훼손하는 글은 관리자에 의해 예고 없이 임의 삭제될 수 있으므로 주의하시기 바랍니다.
 
관련기사목록
[渋井哲也] フリーランスが中心となり、記者クラブに宣戦布告 渋井哲也 2011/02/02/
[渋井哲也] 「なくそう!子どもの貧困」 渋井哲也 2010/02/06/
[渋井哲也] クロスオーナーシップの規制について、ようやく報道した日本のマスメディア 渋井哲也 2010/02/03/
[渋井哲也] オープン化した総務省記者クラブに登録してみた! 渋井哲也 2010/02/03/
[渋井哲也] まだまだ知られていないキャバクラユニオン 渋井哲也 2010/02/03/
[渋井哲也] Twitter議員との今年最後のつぶやき祭り 渋井哲也 2010/02/03/
[渋井哲也] もうすぐクリスマス 日本の自殺対策は大丈夫? 渋井哲也 2010/02/03/
[渋井哲也] 市橋達也容疑者を支援する女子から学ぶもの 渋井哲也 2010/02/03/
[渋井哲也] キャバクラ嬢も労組を作って、労働条件の改善へ! 渋井哲也 2010/02/03/
[渋井哲也] メイクの似合う「化粧男子」を探せ! 渋井哲也 2010/02/03/
[渋井哲也] 「婚活時代の恋愛学」を考える 渋井哲也 2010/02/03/
[渋井哲也] ネット心中の見届け役が表に出てきた! 渋井哲也 2010/02/03/
[渋井哲也] 大学生の性知識はどのくらい? 渋井哲也 2010/02/03/
[渋井哲也] ネットを舞台にした?結婚詐欺殺害疑惑 渋井哲也 2010/02/03/
[渋井哲也] ますます広がる女装文化 渋井哲也 2010/02/03/
[渋井哲也] 波紋を呼ぶ、元少年の実名を記したルポルタージュ 渋井哲也 2010/02/03/
[渋井哲也] セカイカメラで広がる現実 渋井哲也 2010/02/03/
[渋井哲也] コミュニケーションツールとしてのiPhone 渋井哲也 2010/02/03/
[渋井哲也] セックス・ダイエット 渋井哲也 2010/02/03/
[渋井哲也] もがき続ける若者たち 渋井哲也 2010/02/03/
최근 인기기사
일본관련정보 A to Z
  회사소개회원약관개인정보취급방침 ㅣ 광고/제휴 안내사업제휴 안내소액투자기사제보보도자료기사검색
<한국> 주식회사 올제팬 서울시 마포구 만리재옛길 18 3층 Tel: 070-8829-9907 Fax: 02-735-9905
<일본> (株) ジャポン 〒169-0075 東京都新宿区大久保 3-10-1 ニュータウン大久保 B棟 1032号
Tel: 81-3-6278-9905 Fax: 81-3-5272-0311 Mobile: 070-5519-9904
Copyright ⓒ JPNews. All rights reserved. Contact info@jpnews.kr for more information