전체기사보기
政治その他 ㅣ 芸能 ㅣ 文化 ㅣ Sports ㅣ グラビア ㅣ コラム ㅣ コラム2 ㅣ 映画 ㅣ インタビュー
섹션이미지
政治その他
芸能
文化
Sports
グラビア
コラム
コラム2
映画
インタビュー
회사소개
회원약관
개인정보취급방침
광고/제휴 안내
사업제휴 안내
소액투자
기사제보
HOME > 日本語版 > コラム2
글자 크게 글자 작게


オープン化した総務省記者クラブに登録してみた!
 
渋井哲也

総務省の記者クラブが、記者クラブ加盟社以外にもオープン化した、というニュースが流れました。これまで、加盟社だけが大臣の記者会見を独占してきましたが、今後は、手続きを経た後で、非加盟の社、フリーランス記者でも、会見に参加できることになったのです。 

まずは手続きです。総務省の記者クラブに連絡をして、「総務省記者クラブ非加盟社・記者の皆様」という文書と、新聞倫理綱領、定例会見参加受付票の3枚がファックスで送られてきました。 

その文書によると、以下の要件が参加に必要だとされています。

 1)日本民間放送連盟会員社に所属する記者 
 2)日本雑誌協会会員社に所属する記者 
 3)日本専門新聞協会会員社に所属する記者 
 4)日本インターネット報道協会法人会員社に所属する記者 
 5)日本外国人特派員協会(fccj)会員社に所属する記者および外国記者登録証保持者 
 6)上記1)から5)に該当しない記者で、総務省記者クラブ加盟社および上記1)から5)の中に掲げる企業•団体が発行する媒体に定期的に記事等を提供する者
 

 私個人はフリーランス記者なので、6)に当たります。そのため、過去に執筆した記事をファックスで送りました。すると、数十分後に記者クラブの幹事社から電話があり、参加を認められました。 

 しかし、インターネット報道協会に入っていない、インターネットのニュースメディアには参加が認められませんでした。it関連のニュースを配信しているitmediaは、「web専業メディアは対象外。現時点では質問権を持つ参加は認められない」と言われたといいます(10.01.07)。 


 

▲ 총무성 기자 클럽     ©시부이 테츠야



 ただし、参加基準ができる前に、参加申し込みをした記者もいました。その後出来た要件を満たしていないのに、現実に参加ができている、といった矛盾があります。基準が満たない場合は、質問できないオブザバー(意見は言えるらしい)という位置づけになったりします。 

 そもそも記者クラブでの記者会見というのは、行政側の便宜供与という位置づけです。法的には何の位置づけもありません。あくまでも、行政サービスのひとつに過ぎません。国民誰もがアクセスできる情報公開法とは違ったものです。 

 もちろん、日本新聞協会は「「日本の記者クラブ制度は国民の『知る権利』の代行機関として重要な役割を果している」との認識を示しています。 


 

▲ 총무성 기자 클럽     ©시부이 테츠야



 ただ、権利の代行とするのなら、なぜ、1」〜6)に当てはまらないメディアを排除するのでしょうか。ただ。それは模索段階でもあるので、今後は、フリーランスや協会非加盟のメディアの動き次第ということもあります。 

 12日に総務省の記者クラブに行きましたが、大臣会見の参加者リストの名簿がありました。そこに、参加が認められている記者が書かれていました。 

 しかし、記者会見のオープン化が叫ばれているわりには人数が少ないとも感じました。おそらく、大臣会見自体はビジネスモデルとしては成り立ちにくいという現実問題もあるのではないでしょうか。ビジネスとして成り立たないのであれば、フリーランスの記者たちには魅力的ではないと思われます。 

 ただ、会見それ自体がビジネスにならないとしても、フリーランスの記者、あるいは非加盟のメディアが関心のある問題に関して質問し、公式なコメントを引き出すことができれば、それなりに意味があることになるでしょう。 

 いずれにせよ、フリーランスの私としても、記者会見で大臣に質問したいことはいくらでもあります。記者クラブを「閉鎖的だ」といって批判することはいくらでもできます。しかし、そこには建設的な視点が必要になります。記者クラブ加盟社とともに、記者会見を作っていく、という姿勢を持ちたいと思います。 




 

ⓒ 일본이 보인다! 일본전문뉴스 JPNews / 무단전재 및 재배포금지

기사입력: 2010/02/03 [22:26]  최종편집: ⓒ jpnews_co_kr
 


선거 동안 정당후보자에 대한 지지 또는 반대의 글을 게시하고자 할 경우에는 '실명인증' 후 게시물을 등록하셔야 합니다. 실명확인이 되지 않은 선거관련 지지 혹은 반대 게시물은 선관위의 요청 또는 관리자의 판단에 의해 임의로 삭제될 수 있습니다.
※ 본 실명확인 서비스는 선거운동기간(2017.04.17~2017.05.08)에만 제공됩니다.
일반 의견은 실명 인증을 하지 않아도 됩니다.

닉네임 패스워드 도배방지
제목  
내용
기사 내용과 관련이 없는 글, 욕설을 사용하는 등 타인의 명예를 훼손하는 글은 관리자에 의해 예고 없이 임의 삭제될 수 있으므로 주의하시기 바랍니다.
 
관련기사목록
[渋井哲也] フリーランスが中心となり、記者クラブに宣戦布告 渋井哲也 2011/02/02/
[渋井哲也] 「なくそう!子どもの貧困」 渋井哲也 2010/02/06/
[渋井哲也] クロスオーナーシップの規制について、ようやく報道した日本のマスメディア 渋井哲也 2010/02/03/
[渋井哲也] オープン化した総務省記者クラブに登録してみた! 渋井哲也 2010/02/03/
[渋井哲也] まだまだ知られていないキャバクラユニオン 渋井哲也 2010/02/03/
[渋井哲也] Twitter議員との今年最後のつぶやき祭り 渋井哲也 2010/02/03/
[渋井哲也] もうすぐクリスマス 日本の自殺対策は大丈夫? 渋井哲也 2010/02/03/
[渋井哲也] 市橋達也容疑者を支援する女子から学ぶもの 渋井哲也 2010/02/03/
[渋井哲也] キャバクラ嬢も労組を作って、労働条件の改善へ! 渋井哲也 2010/02/03/
[渋井哲也] メイクの似合う「化粧男子」を探せ! 渋井哲也 2010/02/03/
[渋井哲也] 「婚活時代の恋愛学」を考える 渋井哲也 2010/02/03/
[渋井哲也] ネット心中の見届け役が表に出てきた! 渋井哲也 2010/02/03/
[渋井哲也] 大学生の性知識はどのくらい? 渋井哲也 2010/02/03/
[渋井哲也] ネットを舞台にした?結婚詐欺殺害疑惑 渋井哲也 2010/02/03/
[渋井哲也] ますます広がる女装文化 渋井哲也 2010/02/03/
[渋井哲也] 波紋を呼ぶ、元少年の実名を記したルポルタージュ 渋井哲也 2010/02/03/
[渋井哲也] セカイカメラで広がる現実 渋井哲也 2010/02/03/
[渋井哲也] コミュニケーションツールとしてのiPhone 渋井哲也 2010/02/03/
[渋井哲也] セックス・ダイエット 渋井哲也 2010/02/03/
[渋井哲也] もがき続ける若者たち 渋井哲也 2010/02/03/
최근 인기기사
일본관련정보 A to Z
  회사소개회원약관개인정보취급방침 ㅣ 광고/제휴 안내사업제휴 안내소액투자기사제보보도자료기사검색
<한국> 주식회사 올제팬 서울시 마포구 만리재옛길 18 3층 Tel: 070-8829-9907 Fax: 02-735-9905
<일본> (株) ジャポン 〒169-0075 東京都新宿区大久保 3-10-1 ニュータウン大久保 B棟 1032号
Tel: 81-3-6278-9905 Fax: 81-3-5272-0311 Mobile: 070-5519-9904
Copyright ⓒ JPNews. All rights reserved. Contact info@jpnews.kr for more information